ラジオ波について

分子レベルで細胞をほぐし脂肪分解を促し、
コラーゲンを自然治癒力によって作り出す効果が期待できます。

Radio Frequency ラジオ波とは

Radio Frequencyはラジオ波と日本語で訳されている電磁波の一種です。電気工学における定義では、無線通信用に利用される電波(10kHz~100GHz)のことを言います。 電波はその周波数から長波・中波・短波・超短波・極超短波・ミリ波に分けることができ、テレビ放送の電波は超短波(30~300MHz)を利用し、携帯電話には極超短波(300MHz以上)が利用されています。また、極超短波はMicro Wave(マイクロ波)の領域があり、電子レンジなどに利用されています。 医学分野で利用されているラジオ波は300kHz~6MHzの高周波です。一時期騒がれた人体への影響のある携帯電話などの電磁波よりも波長が長く、周波数が低いのが特徴です。

なぜ発熱するのか?

解りやすい例えとして電子レンジの理屈と似ています。 RF(ラジオ波)は他の電磁波と同じように周波数という波を持っています。この波の振動が体内に含まれる分子を振動させ、分子同士が擦れることによって摩擦熱を発生させます。周波数が高いほど分子を摩擦させる回数が多く、電波の流れる量が多いほど熱の発生も多くなります。 この熱をジュール熱といいます。この作用により分子レベルで細胞をほぐし脂肪分解を促します。またこの熱により、コラーゲンを熱で損傷させ賦活作用をおこし、さらにしっかりしたコラーゲンを自然治癒力によって作り出す効果が期待できます。

RF(ラジオ波)の特長

RF(ラジオ波)は電極間の最短距離を流れようとする特長があります。電極間を放射線状に流れますが、放射線の幅は電極間の二分の一になるといわれています。RFを生体組織に流した場合にはRFの特長と生体組織の電気抵抗によってエネルギーの流れやすい部分が決まり、そこで発熱するのがRFを利用した美容医療分野の治療機の特長です。